薬通販ベストケンコー > 睡眠導入剤大全 > 睡眠導入剤の使い方

世界中の医薬品が揃うオンライン・ドラッグストア

睡眠導入剤・抗不安薬

睡眠導入剤の使用方法

睡眠薬は適正な用量、用法を守って使えば重篤な副作用はほとんどない。睡眠薬が不眠の型に合っているか、副作用の対応ができているかが人切であり、医師は患者とよくその使用法と意義について話し合った上で投与すべきである。


不眠の種類と睡眠導入剤の使用の基本

不眠の治療の前提となるのは、睡眠によい環境調整及び生活指導である。こうした指導をした上で問題に取り組むとよい。入眠障害は一般に大眠に30分以上を要する場合で、短時間作用型の薬剤が適している。熟眠障害は夜間2回以上覚醒する場合をいい、早期覚醒は午前5時以前に目が覚めて、その後眠れない場合を指す。熟眠を得るためには吸収が徐々で分解も遅い長時間作用型の薬剤を選ぶが,抗うつ薬や抗精神病薬を使用することもある。

概日リズム関連性不眠

睡眠物質とされるメラトニンは生物時計の位相を変化させるため、睡眠相に問題がある場合の不眠には、メラトニン受容体作動薬ラメルテオンの使用が適している。また通常入眠困難が問題となることが多いため、超短時間型あるいは短時間型薬物が使用されることもある。

老人性の不眠

健忘、脱力等の副作用が出やすくなる為,、P450に関係しないロルメタゼパム、 ω1受容体に選択的に働き筋弛緩作用が少ないゾルピデムが好ましい。なるべく低用量から開始する。ラメルテオンも推奨される。

神経症性不眠

入眠困難を訴えることが多く、通常超短時問や短時問型の睡眠薬が用いられる。夕方になると睡眠に対する不安が生じやすいため、不安が強い場合は夕方に抗不安薬を投与するが、中・長時問作用型の睡眠薬を用いて口中の抗不安作用を期待することもある。

精神疾患に伴う不眠

うつ病の不眠では早期覚醒を伴う場合が多く、この場合は抗うつ薬とともに中・長時間作用型の睡眠薬が適している。また抗うつ薬を就寝前にまとめて1回投与する場合もある。統合失調症では、催眠作用の強い抗精神病薬(レボメプロマジン、クェチアピン)を投与することもある。

身体疾患に伴う不眠

高血圧、頭痛、狭心症、心不全などが原因となることもあり、また逆に不眠が原疾患を悪化させることもある。このため不眠に対するきちんとした治療が求められる。

睡眠時無呼吸症候群

患者本人は無呼吸に気づいておらず不眠のみを訴えるが、これらの患者に睡眠薬を投与すると無呼吸を悪化させるので注意する。通常この場合はマウスピース使用。鼻腔持続陽圧呼吸法、アセタゾラミド(ダイアモックス)を用いて腎からの重炭酸イオン排出を促進し代償性に呼吸を促進させるなどの方法がある。

アルコール他嗜好品使用に伴う不眠

中途覚醒、早期覚醒の原因がアルコール摂取によることがある。そうした場合はアルコールを中止させて中・長時間作用型の睡眠薬を使用する。アルコールは睡眠導入には効果があるが、レム睡眠に影響し、また利尿作用もあることから中止した方がよい。アルコールを睡眠薬として使用するよりも常用量の睡眠薬の方が安全との認識が必要である。カフェイン、ニコチンも不眠の原因となる。

薬物による不眠

ステロイド、インターフェロン、パーキンソン病治療薬のドパミンアゴニスト、脳血流関門を通過しやすいβ遮断薬で不眠を起こしやすい。テオフィリン(テオドール、テオロング)などのキサンチン系薬はカフェインと同じ覚醒作用を有する。

その他の疾患に伴う不眠

レストレスレッグス症候群(RLS)(ムズムズ脚)では、就寝時に「虫が這うような」ムズムズした知覚異常のため、臥床していられなくなり入眠困難や中途覚醒を示す。また周期性四肢運動障害は高齢者に多く、夜間片方または両側の足関節の背屈運動を主体とする周期的な不随意運動が反復して起こる。浅いノンレム睡眠の時に出現し、夜問前期から中期にかけて起こりやすい。これらでは、治療はクロナゼパム(リボトリール)が用いられる。


睡眠導入剤の種類に応じた使用法

超短時間型

夜問覚醒時の追加投与においても比較的安全なので、旅行時などの一過性不眠に適する。しかし、夜間覚醒時に物を食べる。外出などするが、それを翌朝想起できない睡眠時遊行症や服薬後のもうろう状態、また中断による反跳性不眠で中止が困難となる場合もあり、注意が必要であ。ゾルピデムは比較的反跳性不眠が少ない上に、筋弛緩作用に関係する皿受容体への作用が弱いことが知られており、高齢者では転倒のリスクが軽減することが期待されている。

短時間型

切れ味は低下するが連用による蓄積は軽皮で持ち越し効果は比較的少ないので使いやすい。ゾピクロン、エチゾラム、ブロチソラム、 P450に影響しないロルメタゼパムなどがある。

中時間型

切れ味は低下するが連用による蓄積は軽皮で持ち越し効果は比較的少ないので使いやすい。ゾピクロン、エチゾラム、ブロチソラム、 P450に影響しないロルメタゼパムなどがある。

長時間型

連用によってかなりの血中濃皮を維持するので早期覚醒によく、日中の抗不安作用も強く示すため、神経症性不眠によい。クアゼパムは半減期が32時間と長く、反跳性不眠が少ないため長期の頑岡な不眠に利用したり、睡眠薬からの離脱に利用する。


安心・低価格・迅速なベストケンコーの睡眠導入剤の個人輸入代行

睡眠導入剤ならベストケンコー

睡眠導入剤ならベストケンコー
薬通販「ベストケンコー」は処方箋不要・送料無料で睡眠導入剤の個人輸入代行を承っております。

「安く・早く・確実に」お届けします

低価格・安心・信頼・秘密厳守・簡単・スピード全て最高のサービス
人気の海外医薬品を激安価格にて個人輸入代行通販します。
シンプルな包装で、あなたの家のドアまで直接お届け致します。
オンラインでの注文は、簡単で効率がよく、秘密が厳守されるので安心です。

個人輸入代行

ご注文から発送まで

ご注文いただいた、睡眠導入剤等は、シンガポールより国際通常書留(航空便)で発送となります。海外個人輸入のくすり発注後、お客さまの荷物番号をメールにてお知らせしております。必要な場合は、インターネット上で荷物の移動状況が確認できます。お届けの際に、完全に中身がわからないよう包装しております。お届けまでの時間は通常5〜10営業日(最短では4日)となっており、全国どこでも全商品送料無料です。

※「特定商取引法に基づく表示」や「Q&A」や「お問い合わせ」等は「薬通販ベストケンコー」でご覧くださいませ。当サイトでご紹介する睡眠導入剤等は日本国内では医師の処方が必要なお薬です。 お薬の使用にあたっては、医師もしくは薬剤師等の専門家にご相談下さいますようお願い致します。また、各ページにあるED治療薬の説明文は各製品の販売国においての英文での説明書を翻訳したもので、用法用量などが日本国内の医師の指示とは異なる場合があり、完全なものではありません。当サイトではいかなる責任も負いかねますことを予めご了解ください。




全国送料無料!